| 1 . 2 . 3 . 4 . . . 194 . 195 . 196 . |

鷹山誠一「百錬の覇王と聖約の戦乙女 」:HJ文庫

ゆきさん「百錬の覇王と聖約の戦乙女 (HJ文庫)」

スマホが使える、ねぇ…
まぁ知識があったとしてもそれを活用できるかどうかは、本人の才によるわけで、"チート"ってだけじゃないんだろうけど、どうも描写が「薄い」感じでそれが引っかかるなぁ。

2014-03-07 19:55 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

岩井恭平「サイハテの救世主 PAPER III:文明喰らい 」:角川スニーカー文庫

Bou「サイハテの救世主 PAPERIII:文明喰らい (角川スニーカー文庫)」

え?終わりなの?
打切りとまではいかないけど、続きを出す程には売れなかったって事なのかな、という内容の終わり方。読んでてもちょっと主人公がつかめなかったので、その点とヒロインがちょっと弱かったかと。

2014-03-06 00:36 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

睦月けい「首の姫と首なし騎士 誇り高き反逆者 」:角川ビーンズ文庫

田倉 トヲル「首の姫と首なし騎士 誇り高き反逆者 (角川ビーンズ文庫)」

意外と過酷
そろそろ反撃ターンだと思っていたらまでピンチ継続中だったよ…。でも次巻で決着がつくって言うんだけど…?

2014-03-04 15:10 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

佐島勤「魔法科高校の劣等生 (11) 来訪者編 〈下〉 」:電撃文庫

石田 可奈「魔法科高校の劣等生 (11) 来訪者編 (下) (電撃文庫)」

リーナが小者扱い
何というか周りの人間が全員特異人物なもんだから、他国からの新キャラとなるとどんなに強くても小者扱いになっちゃうので、盛り上がりに欠けるね、という下巻。対決が一番盛り上がらないって…。

2014-03-03 14:55 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

杉井光 「神曲プロデューサー」:集英社

杉井 光「神曲プロデューサー」

若木的
天才を絡めて「感性」を中心に音楽ものをするとどうしても若木未生的になるよね、とは思った。杉井光は若木未生に比べるともう少し理性的というか、自覚的に「観念的な台詞」を言わせている感じ。この話では最後の展開が急すぎるし、帰ってくる理由も読者置いてきぼり感があるんだけど、それはうまく消化できなかったのかなぁと思ったりもする。

2014-02-28 21:10 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

石川博品 「ヴァンパイア・サマータイム」:ファミ通文庫

切符「ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫)」

いい感じのラブストーリー
欲目で実態と別の姿が見えてる感じとかそういう恋愛初期の心の動きがむずがゆい感じでグー。吸血鬼が普通に生きていて夜と昼で棲み分けているという、特殊な世界観をうまくラブストーリーにマッチさせててすごくよかった。初読なんだけど、前作とかはそういう感じの作風じゃないのにどうしたんだろう…。この作風続けてくれるかなぁ。

2014-02-26 20:48 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

葉山透 「0能者ミナト (6)」:メディアワークス文庫

葉山透「0能者ミナト (6) (メディアワークス文庫)」

安定の突飛解決
まだ青いミナトが出てくる過去編から続く最大のピンチ。解決方法は相変わらずの突飛さでさすがだなぁ…。このシリーズの難点はミナトがヒネ過ぎててラブ面での展開があり得ないことぐらいかな。

2014-02-24 20:40 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

丈月城「盟約のリヴァイアサン (3)」:MF文庫J

仁村有志「盟約のリヴァイアサンIII (MF文庫J)」

順調にハーレム
カンピオーネとの大きな違いは本人に多少の自覚があることだろうか。あとメインヒロインと思われる幼なじみが残念ヒロインであるというところ。続きがきになるか、というとどうかなぁ…。

2014-02-20 20:34 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

青木潤太郎 「ガリレオの魔方陣」:スーパーダッシュ文庫

tetsu「ガリレオの魔法陣 (スーパーダッシュ文庫)」

すばらしいデレとすばらしいヘタレ
設定も世界観もなかなかユニークでいいし、何よりキャラクターがとてもいい感じ。レイルくんにはこのヘタレ道を極めていただきたく、エルヴァは是非折れずに突き進んでいただきたい。

2014-02-17 19:53 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

山形石雄 「六花の勇者 (4)」:スーパーダッシュ文庫

宮城「六花の勇者 4 (六花の勇者シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)」

息をもつかせぬ展開
読者には正解が見えているのに、どんどん違う方向に進む勇者たちというもどかしい展開でずっと進み、そこからの急展開で次巻へ。いや、どうすんのよアド君は本当に。

2014-02-13 19:40 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

| 1 . 2 . 3 . 4 . . . 194 . 195 . 196 . |