友谷蒼「伊佐と雪 ~やさしいよる~」:GA文庫

三日月 かける「伊佐と雪 ~やさしいよる~ (GA文庫)」

主人公がダメ
あわねぇ。成長物語としては、主人公が「なにが足りないのか」という点に無自覚すぎてイライラしてダメ。狸の子が主人公になつくんですが、自分がそれを滅ぼそうとしてたってことについてナニも思わないんだよね。

posted at 00:10 on 2006-05-21 by 藤咲 |ジャンル別 ( ライトノベル ) , レーベル別 ( GA文庫 ) , 著者別 ( 友谷蒼 )

感想リンク (Powered by リクリップス)

RSS表示パーツ

感想リンク (Powered by 読書メーター)

RSS表示パーツ

    TrackBack

    トラックバック URI←この記事にトラックバックする際使用してください。
    (右クリックからショートカットのコピーを選択)
    このエントリにトラックバックはありません

    Comments

    2007-08-18 21:14
    蒼衣:

    まだ少ししか読んでないですが、私は好きです。こういう物語(^∀^)それにこの作品と三日月さんの絵は似合うと思います。

    2007-09-02 21:51
    藤咲:

    うん、雰囲気としては嫌いじゃなかったんです。イメージとしてイラストも良く合ってると思いますし。ただ一点、肝心な主人公の「許せない鈍さ」がどうしてもダメで。

    Add Comments