奈須きのこ「DDD(1)」:講談社BOX

こやまひろかず「DDD 1 (講談社BOX)」

まぁ好きかなと
好き嫌いは結構わかれる那須きのこですが、私は結構好きかと。独りよがりとかきのこ節とか言われますが、気にならんので。ただ、空の境界の方がアクが強くて好きだったかなぁ…。

posted at 18:37 on 2007-02-04 by 藤咲 |ジャンル別 ( ライトノベル ) , レーベル別 ( 講談社BOX ) , 著者別 ( 那須きのこ )

感想リンク (Powered by リクリップス)

RSS表示パーツ

感想リンク (Powered by 読書メーター)

RSS表示パーツ

    TrackBack

    トラックバック URI←この記事にトラックバックする際使用してください。
    (右クリックからショートカットのコピーを選択)
    このエントリにトラックバックはありません

    Comments

    2007-05-25 19:35
    美雀 鬼緋:

    あまり、本を読まなかった人間なのですが那須きのこさんの『DDD1』を読んでるうちに、本がたまっていきました。
    そのあとも、那須きのこさんの著書が好きになっていきました。 僕にとっては一番最初の本になった感じです。

    2007-05-27 19:40
    藤咲:

    いらっしゃいまし。誰にもやっぱり「最初の一冊」というのはありますよね。私はもう覚えていないですが、現在このブログをするにあたって凄いペースでライトノベルを読んでますが、このペースのきっかけとしての「最初の一冊」をあげるのであれば、私にとっては「悪魔のミカタ」かなぁ。オススメですよ。あと西尾維新もオススメです。

    Add Comments