| 1 . 2 . 3 . . . 194 . 195 . 196 . |

田代裕彦「魔王殺しと偽りの勇者」:ファミ通文庫

ぎん太「魔王殺しと偽りの勇者1 (ファミ通文庫)」

富士ミスだ…!
ラブよせ富士ミス出身作家らしい、素晴らしきミステリーとラブコメ具合。結末まできちんと進みそうなので期待かな。

2014-03-24 10:07 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

鳳乃一真「壱級天災の極めて不本意な名推理 (1)」:ファミ通文庫

赤りんご「壱級天災の極めて不本意な名推理1 (ファミ通文庫)」

元々ファンタジーみたいなモンだけども
ガッツリ悪魔とか出ちゃうんだ…?本編と並行しつつ、時間を進ませないという命題をこういう形で解決させるってのは、うまい作者だよねって思う。問題は天災単体ですごい面白いかというと、そこはちょっと好みの問題がね…。

2014-03-21 09:49 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

あわむら赤光「聖剣使いの禁呪詠唱 (4)」:GA文庫

refeia「聖剣使いの禁呪詠唱 4 (GA文庫)」

テコ入れタイムか
うーん、ダブルヒロインものだったはずがハーレムものに移行ですか。そうなってきちゃうと一連のオレ強ぇ系と違いがねぇ…。

2014-03-20 07:35 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

岬鷺宮「失恋探偵ももせ (2)」:電撃文庫

Nardack「失恋探偵ももせ (2) (電撃文庫)」

いつか見た道
無口で感情のわかりにくいヒロイン、2巻で主人公が勝手に勘違い爆発して修羅場ってのはテンプレなの?王道テンプレの良さというのもあるだろうけど、これは既出感が気になっちゃったほうかな…。

2014-03-19 06:59 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

瀬尾つかさ「スカイ・ワールド (5)」:富士見ファンタジア文庫

武藤 此史「スカイ・ワールド5 (富士見ファンタジア文庫)」

超ハーレム
なんだろう、完璧にハーレムなんだけど今までのハーレムものとはちょっと違う感じがする…。女性作家だからだろうか。サクヤ班と合流し順調にハーレムは広がり、クエストも攻略していくというネトゲ充とでも言える展開。そしてとうとう電子の存在にまで手が…という次巻?

2014-03-18 21:53 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

竹宮ゆゆこ「ゴールデンタイム列伝 AFRICA」:電撃文庫

駒都 えーじ「ゴールデンタイム列伝 AFRICA (電撃文庫)」

いや、だからまたここで短編!!
微妙にね、微妙に本編でのキャラクタの意識に色づけをするように短編を構成してるのがずるいのよ!だってそれだと読んでなくても本編成り立つけど、短編読んでるとなお際立つものがあるよね、ということになるじゃない。そうするとここでの短編を否定できんわけよ…。いや、もう本編書いてほしいのよ、頼むでホンマ…。

2014-03-17 21:48 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

和ヶ原聡司「はたらく魔王さま! (9)」:電撃文庫

029「はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)」

いろんなことを見せ始めたかかな?
半強制的にエンテ・イスラに戻ることとなり、結果いろんなことが見え始めた感じで、それはエミリアと真奥の関係(主にエミリア側だけど)にも影響しそうな感じ。終わりも見えてきたのかな?

2014-03-14 21:39 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

川原礫「ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング」: 電撃文庫

abec「ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング (電撃文庫)」

次から次へとキリト君は…
ツンデレ落とすのが好きね(笑)そういう意味ではユージオがかわいそうな予感がしているのですが、そんなユージオ君が鬱憤を晴らすべく(違う)キリト君との対決します!という所で次巻。次はアドミニストレータとの対決もあるようだし、そんできな臭くなってきた現実世界の話がその次?

2014-03-13 21:27 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

新井円侍「巡幸の半女神 」:講談社ラノベ文庫

こにし ひろし「巡幸の半女神 (講談社ラノベ文庫)」

ああ、神ならそうだよね、という
でたらめな無敵さ。唯一届く武器と半女神の力で一矢報いるわけですが、たまたまだよね?これ。というレベルなので、この次の巻でどうするのか…。それとも次の女神はこれほどべらぼうな力ではないのだろうか?かなり容赦がない展開でスタートした1巻だけれども、どうなっていくかは楽しみ。

2014-03-11 20:27 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍」:角川スニーカー文庫

天之有「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 (角川スニーカー文庫)」

ううーん、詰んでるなぁ
「主人公たちの圧倒的強さ」で読ませるシリーズなので、強者が出てきて大ピンチという通常だと燃える展開なのに、あららら…という気分になってしまうのよね。そんなとこで短編混ぜ込まれるとさらにちょっと、ねぇ…?

2014-03-10 20:21 | 藤咲 | comments(0) | TrackBack(0) | Permalink

| 1 . 2 . 3 . . . 194 . 195 . 196 . |