備忘録とかもろもろ

歌子さんがやってきた

お義母さんは地域猫の世話をしているのですが、6月の末に油まみれになった子猫を保護してきました。
なんどか洗ってあげて油は取れたんですが、油の影響で一部の毛が抜けてしまってました。

そのため、少しの間は家においておく事にしたのですが、しばらく置いてしまうとすっかりなじんでしまったので、このたび正式に飼う事となりました!

なので、すぐ山に返すから…と保存しておいた写真を放出!
命名は「歌子」女の子です!

まずは保護された翌日。まだちょっと元気がありません。右目のあたりの毛が全部抜けちゃってます。
正面から斜め上から。目の上が禿げてます

ちなみにふーこは相変わらず(どんな猫でもダメなので…)。意外だったのはふーこに物怖じしなかったんで、誰でも大丈夫だと思った高十郎。歌子が視界に入るたびに聞いたことの無い「ふぉぉぉ~~~」といううなり声を上げてました。

ただ、数日もすると歌子も動き回るようになり、高十郎も慣れてきたのか近づくようになります。
遊ぶ歌に…背後から狙うパンチ!

歌子も物怖じしない子(ただし高十郎と違うのはおっとりドンくさい)なので、人のひざに上ったり、寝ている上に乗ってきたり。甘えたがりなのか、ひざの上とか人の近くでよく寝ます。
上に乗ったよ!膝にしがみついておねむ…

これが最近の写真。ほとんど毛も生えてきて普通の猫っぽくなってます。
仲良くタンスの上に

高十郎もなにか「お兄ちゃん」気分なのか、毛づくろいをしてあげるんですが、不器用に全力でべろべろするので
歌子に嫌がられて歌子反撃→むっとしてペシっとする→さらに反撃→お仕置きに噛み付く→鳴かれる
という愛が一方通行な感じが見ていて楽しい(笑
嫌がられている(笑

最近は歌子も活発になってきて、寝ている高十郎を見ると喜んで飛び掛ったりしてます…。小さいので高十郎的にはちょちょっと迎撃した後「うざっ」という感じで去っていきますが(笑

2007年07月20日 02時15分32秒 藤咲記す - カテゴリ: ねこたん ( 歌子 ) - 参照:4452回

TrackBack

トラックバック URI←この記事にトラックバックする際使用してください。
(右クリックからショートカットのコピーを選択)
このエントリにトラックバックはありません

コメント

コメントを書く

この記事を携帯で読む

この記事のQRコード