備忘録とかもろもろ

Spark2.5BETA

日本語環境でSpark2.0を動かす
でsparkの文字化け話をしておりましたが、2.5bataが公開されており、こちらでは文字化けの問題は解消されているようです。

で、せっかくなので前回断念した日本語化ってどうやるのか…について調べて見たメモ。

前回の記事に従い、言語ファイルを取り出す。
この言語ファイルに日本語を書き込んでみたんですが、文字化けしてしまい、UTF-8、Shift-JIS、EUCと文字コードを変えても文字化けの種類が変わるのみ。

で、いろいろ調べてたどり着いたのが

プロパティファイルに日本語を使用した場合はnative2asciiというツールを使ってASCIIファイルに変換しなければなりません。JavaでHello World 国際化編

という情報。
ここで出てくるnative2asciiというツールの使い方は以下のサイトがわかりやすい。
-native2asciiの使い方

よって手順をまとめなおすと以下の手順となります。

  1. インストール後、「C:\Program Files\Spark\lib」フォルダを開き、spark.jarファイルを解凍します(拡張子がjarですが、これはzip圧縮されたファイルです)。
  2. 解凍された中にある、「i18n」フォルダを開き、「spark_i18n_en.properties」ファイルを「spark_i18n_ja.properties.base」という名前でコピーします。
  3. spark_i18n_ja.properties.baseに日本語訳を書き込む
  4. native2asciiを使って以下のようにコマンドを叩く
    native2ascii spark_i18n_ja.properties.base spark_i18n_ja.properties
  5. 出来上がった「spark_i18n_ja.properties」ファイルを「「spark_i18n_en.properties」」と同じフォルダへ移動
  6. 解凍したファイル群を、再度zip圧縮して、spark.jarという名前に変更。
  7. 「C:\Program Files\Spark\lib」フォルダへ上書きします。

という手順になるハズ。
※native2asciiのところで「-encoding オプション」をつかって文字コード指定する必要があるかもしれない。
※native2asciiはjavaのSDK同梱とのこと。どのSDKかわからん…。

つーことで英語の敷居が高い上に作業の敷居も高いなぁと。ほんとに誰か日本語訳しないかなぁ…。

2007年02月27日 19時08分00秒 藤咲記す - カテゴリ: その他 - 参照:6555回

TrackBack

トラックバック URI←この記事にトラックバックする際使用してください。
(右クリックからショートカットのコピーを選択)
このエントリにトラックバックはありません

コメント

Whiskers 記す:

ども、自称「高十郎君の成長を見守る会々長」です。
このアイテムにこのコメント、悩みました(笑)。
お坊っちゃまは健やかにお過ごしでしょうか? 知りたい!(爆)
2007年03月23日 01時55分48秒

藤咲 記す:

お待たせしててすみません(笑

写真は何枚か撮りためてあるので、近日中に放出したいと思ってます!
もう少々お待ちを…。
2007年03月26日 10時34分35秒

コメントを書く

この記事を携帯で読む

この記事のQRコード